So-net無料ブログ作成
サッカー(ヤングなでしこ) ブログトップ

ヤングなでしこ 3位決定戦 結果 [サッカー(ヤングなでしこ)]

<ヤングなでしこ 3位決定戦 結果>
U-20女子代表のヤングなでしこ3位決定戦の結果は、
ナイジェリア戦に2-1で勝利し3位で銅メダルを獲得した。
ヤングなでしこは前回準優勝国という強豪に勝ち
3位決定戦で結果を残した。

準決勝で敗れたドイツ戦の時とは違い落ち着いた試合の
入り方だった。そして前半24分に中央で田中陽子選手が、
ボールを受けると豪快に左足を振りぬき、キーパーを
弾き飛ばしてゴール。田中陽子選手のスーパーゴールで
日本が先制した。

この先制点で日本は余裕をもってプレーできた。前半は
ヤングなでしこの守備が効いていて、ナイジェリアに
ほとんど決定的な場面を作らせなかった。

後半に日本は道上彩花選手に変えて西川明花選手を投入。
この交代が成功し後半の5分にトップ下の柴田選手が、
ドリブル突破からラストパスを出すと、西川選手がGKを
うまくかわすループシュートで追加点を上げた。

2-0とリードしていた日本だが、後半29分にFKを
オパラノジーに直接決められてしまい1点を返される。
するとここからナイジェリアに勢いがつき流れが一気に
ナイジェリアへ傾く。

しかし日本は冷静にボールを繋いで残りの時間を絶えしのぎ、
ナイジェリアに追加点を与えずそのまま試合終了。
U-20史上初ヤングなでしこが3位で銅メダルを手にした。

とてもいい試合でした。なんといっても田中陽子選手の
先制点は強烈なインパクトでしたね。「ズドーン!」という感じ。
女子の選手であれだけのシュートが打てるなんてとても
すばらしいです。

ただ本人はインタビューで「蹴ったら入りました」と
あっけらかんとした様子だったのがかわいらしかったですが。
それにしてもU20は今後がとても楽しみな選手ばかりなので、
次はなでしこジャパンでの活躍に期待したいですね。

ヤングなでしこ 田中 [サッカー(ヤングなでしこ)]

<ヤングなでしこ 田中>
ヤングなでしこの田中陽子選手の4戦連続弾で日本が
準々決勝でU-20韓国女子代表を破り史上初のベスト4
進出を果たした。

試合展開は早かった、前半の8分に西川明花選手が中央から
スルーパスを出すと、柴田華絵選手が走りこみGKをかわして
ゴールへ流し込んだ。

しかしそのわずか7分後、今度は韓国に左サイドから崩され
イ・グムミン選手のクロスをチョン・ウナ選手にヘッドで
あわされ同点ゴールを許した。

さらにすぐ4分後、またしても柴田華絵選手が今度は中央の
ミドルレンジから左足で豪快なシュートを放つと韓国ゴールに
突き刺さる。これで日本は2-1と勝ち越した。

そして前半の37分、高木ひかり選手が右サイドをえぐり、
相手選手を3人もひきつけグラウンダーのパスで逆サイドに
送ると、フリーになっていた田中陽子選手が冷静に決めた。
これで日本は3-1と2点をリードし、かなり有利な試合展開となった。

後半は両者疲れが見え始めたのか、両者ともに攻め手を欠いたが
やや韓国に押されるも日本は得点を許さず、前半の得点を
護りきり3-1で勝利した。

次の準決勝はドイツvsノルウェーの勝者となる。ここからは
強豪と呼ばれる国ばかりがひしめいているので勝つのは
容易ではなさそうだ。反対側でもアメリカ、ナイジェリア
といった強豪が上がってきている。

しかし是非とも準決勝も勝ちあがり、決勝で再びなでしこW杯の
再来ともいえる日本対アメリカの試合が見たい。

関連記事

なでしこ 田中陽子
http://trend-information-8.blog.so-net.ne.jp/2012-08-26

ヤングなでしこ 仲田歩夢
http://trend-information-8.blog.so-net.ne.jp/2012-08-22

なでしこ 田中陽子 [サッカー(ヤングなでしこ)]

<なでしこ 田中陽子>
ヤングなでしこの田中陽子選手のFKが両足で2発炸裂。
U-20日本女子代表(ヤングなでしこ)はU-20女子
ワールドカップのグループAの第3戦でスイスと対戦し
4-0と圧勝した。

30分に田中陽子選手がペナルティエリア正面やや左の位置から
FKを獲得し、右足で鮮やかに決め田中陽子選手の3試合連続
ゴールで先制し前半を折り返した。

田中陽子選手の1点リードで後半に入ると48分、またしても
田中陽子選手がペナルティエリア正面やや右でFKを得ると、
今度は左足でゴール右へ決め2-0。

52分に後半から投入された西川明花選手が田中陽子選手の
CKから技ありのシュートを決め追加点を挙げると、84分には
猶本光選手が自身で獲得したPKを決め、日本が4-0で勝利し
グループ首位通過が決定した。

本当にすばらしい勝利でした。一人ひとりのゴールへの意識が
高くすべての選手が得点を狙っていて、個人の能力の高さが
うかがえる。結果は4-0だったがキーパーのファインセーブや、
バーやポストに阻まれるおしいシュートが何本もあった。

これでグループ首位通過の日本は2位通過の韓国との対戦が
決まった。日韓関係がぎくしゃくしている時だからこそ是非とも
勝ってほしい。

(参照元:Yahoo! JAPANニュース)

ヤングなでしこ 仲田歩夢 [サッカー(ヤングなでしこ)]

<ヤングなでしこ 仲田歩夢>
U-20女子ワールドカップ弟2戦ニュージーランドとの試合に
臨んだヤングなでしこ。その幕開けは前半11分仲田歩夢選手の
クリアミスでの失点から始まった。

そして前半15分にもFWのホワイトに決められ2点ビハインドという
苦しい試合展開になってしまった。前半29分には早くも仲田歩夢選手が
FW西川明花選手に代わり退いてしまう。その時の表情は悔しさで滲み
いまにも泣き出しそうな感じだった。

しかしこの交代後、徐々にニュージーランドを押し込んでいく。
そして前半37分に1対1から右サイドを突破した西川選手の折り返しを
ゴール前でクリアしようとしたMFパールに田中陽子選手がプレッシャーをかけた。

そのボールをカットするとすぐさまシュート打った。そのボールは
DFアームストロングに当たりながら見事にゴールネットを揺らし1-2。
前半のうちに1点を返し日本に流れを引き寄せた。

後半は相手選手に疲れが見え始め日本のボール支配率が上がってきた。
そしていくつもチャンスを作り、後半26分に田中陽子選手の左CKから
道上選手が下に叩き付けるヘディングシュートを打ち今大会初ゴールで
2-2の同点に追いついた。3点目も狙えそうな勢いとチャンスはあったが、
時間があまりなく勝ち越しゴールはならなかった。

試合後、吉田弘監督は「初戦のように先行して余裕があるときはいいが、
今日のように先に取られると、ちょっとシュートのところで焦ったり
甘い部分がある」と課題を挙げた。
一方、「こういう経験を積んで引き分けに持ち込めたのはよかった」と、
勝ち点1という結果には納得の表情だった。

仲田歩夢選手の悲しげな表情がとても印象的だった。しかし仲田歩夢選手の
ミスをヤングなでしこはきっちりカバーし次の試合に繋げたと思う。
勝ち越しはならなかったものの、2点ビハインドを追いつくというのは
ヤングなでしこの精神的強さと底力を感じさせてくれた。

今日のドローで勝ち点1を取った日本は現在A組首位となっている。
次の試合はスイス戦。是非とも仲田歩夢選手の笑顔のゴールが見たい。
そして決勝トーナメント進出できるよう応援したいですね。


(参照元:Yahoo! JAPANニュース)
サッカー(ヤングなでしこ) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。