So-net無料ブログ作成
ヨーロッパサッカー ブログトップ

宇佐美貴史 ゴール [ヨーロッパサッカー]

<宇佐美貴史 ゴール>
ドイツブンデスリーガ・ホッフェンハイムのMF宇佐美貴史が
シュツットガルト戦で前半5分にドリブルシュートでゴールを決め、
3-0の勝利に貢献した。宇佐美は今季2点目で、チームも2連勝。
ホッフェンハイムのタカシも存在感を見せつけた。

「最初のディフェンスがすごく甘かったので、スピードに乗れた。
相手のセンターバックもスピードで振り切れて、以前なら
そのまま打っていたと思うが、冷静に切り返しもうまくできた。
1人で取れて良かった」と得点を振り返った。

宇佐美選手は(前節で代役が)2アシストし、この試合はやらないと
と思っていたらしいですね。ライバルの活躍で宇佐美選手に火が
ついたようです。

ボールを奪われて、スライディングで奪い返しにいった時に
「岡崎くんがケガをした。かなり反省というか、申し訳ない。
ボールに行ったが、勢いで足を巻き込んでしまった。痛そうだったし、
試合中に謝っていました。」とシュツットガルトの岡崎選手に
謝罪していた。


(参照元:sanspo)

乾貴士 ゴール [ヨーロッパサッカー]

<乾貴士 ゴール>
ドイツブンデスリーガのフランクフルトMF乾貴士選手が
人生初のヘディングでゴールし、前年王者のドルトムントと
引き分けに持ち込んだ。

フランクフルトは開幕4連勝と勢いに乗っていて、
乾選手自身も絶好調。前年王者から勝ち点1を奪ったのは
かなり大きいと思う。

1-2の後半6分、ゴール前にフリーで駆け上がると
右MFアイクナーの絶妙な右クロスを頭で合わせた。
乾選手は雄たけびを上げながらガッツポーズした。

前半を0-2で折り返し、ハーフタイムにフェー監督から
げきが飛んだらしく、それでみんなも吹っ切れたと乾選手。

「決勝点を入れたかった。でも、チームとして負けなかった
のは大きい」と悔しさも見せながらも充実感を語った。
フェー監督は「乾は今日も実力を見せてくれた。ボールを
持っていてもすごいスピードがあるから、敵にとっては
本当に嫌な存在だろう」と乾選手を絶賛した。

本当にドイツでの日本人選手の活躍が止まりませんね。
地元ドイツでも日本人の特集が組まれるほど、日本人が
注目を浴びているようです。

この日本人の活躍のおかげもあり、今冬にさらに2、3人の
日本人が移籍するだろうとの噂も出ているとか。
ますますドイツブンデスリーガから目が離せません。

(参照元:nikkansports)

乾貴士 ゴール [ヨーロッパサッカー]

<乾貴士 ゴール>
ドイツ1部ブンデスリーガの第4節で、清武弘嗣の所属する
ニュルンベルクVS乾貴士の所属するフランクフルトの
試合が行われ、乾貴士が2戦連発弾をゴールに決め、
2-1でフランクフルトが勝利。

第3節までニュルンベルクは2勝1分、フランクフルトは
3連勝とどちらも好調だった為、注目の試合になった。
これでフランクフルトは開幕4連勝となり、昇格チームが
開幕4連勝するのはドイツ史上初なのだとか。

前節でここまでのチームの全得点に何らかの形で関わる
という活躍ぶりにより、キッカー誌のMVPに選ばれた
清武選手。そして前節は技ありトラップからのシュートで
高い技術を見せつけた乾選手。ともに好調同士の対戦だった。

ニュルンベルクは流れの中からのチャンスは少なく、最終的
にセットプレイが重要になっていた。精度が抜群に高い
セットプレイでここまでたびたび得点になっている。乾も
「キヨのセットプレイのボールが良くて、今日は本当に
それが怖かった」とその威力を認めた。

ほとんどのセットプレイでキッカーを務める清武には大きな
声援が送られ、他の試合では経験したことのないような
期待感がスタジアムに満ちる。実際、0-2で迎えた76分
の得点は清武のFKから。途中交代で入った長身選手が頭で
合わせる、狙い通りの得点だった。

今季初黒星に、「負けて悔しい。でもこれが自分たちの現状
だと思う」と、清武選手は語った。セットプレイの威力は十分、
今後はセットプレイ以外で味方を動かし得点に絡む決定的な
仕事が求められそうだ。


(参照元:sportiva)

香川真司 マンU CL [ヨーロッパサッカー]

<香川真司 マンU CL>
CLのH組でマンUの日本代表MF香川真司選手がガラタサライ
(トルコ)戦で決勝点をアシストし、チームを1-0の勝利に導いた。
英紙は「新次元のプレー」と絶賛だったようです。

試合はマンチェスター・ユナイテッドがすばらしい立ち上がり
を見せ、ボールを奪うと、勢いと厚みを持って相手ゴールに
たたみかける攻撃を展開した。

「ホームでいい入り(ができた)。2、3点はとれた。1点を
とって試合が運びやすかった。前への意識が強くてスピードも
あった。その時間帯はよかった」と香川選手

前半7分の早い時間帯にその時は訪れた。攻め上がってきた
MFキャリックのパスを巧みにトラップし、右足で柔らかく
ゴール前にリターン。キャリックがフリーで抜け出してGKを
かわして決めた。

「いい形で試合に入れて1点を取り、試合が運びやすくなった。
うまくボールを取ってからゴールまでいいスピードでいけた」と
香川選手は自信のプレーを自賛した。

「キープしてもっと落ち着かせるべきところがあったかも」
「決められなかったりシュートまで持ち込めなかったりした」
と悔しい場面もあった事を語っている。

地元紙デーリー・テレグラフは「香川は新次元のプレーをマンUに
提供している。決して極東の販売戦略や宣伝のために獲得された
選手ではない。クラブの将来を担うために加入している。きょうの
アシストも完璧で重みのあるリターンパスだった」とこの試合の
プレーをそして香川選手自身を評価している。

マンUはホームで貴重な勝ち点3を獲得。ホームでは決して負けは
許されない大事な試合だっただけに、香川にとってもチームにとっても
最高の結果となったのではないでしょうか。

ただCLはアウェーでいかに勝ち点をもぎ取れるかが勝負。ここからが
本当に厳しい戦いが始まると思います。マンUの香川がCLという大舞台
で大暴れして世界にその名を刻んでほしいですね。今後の試合もとても
楽しみです。


(参照元:Yahoo! JAPANニュース)

宇佐美貴史 初ゴール [ヨーロッパサッカー]

<宇佐美貴史 初ゴール>
ドイツブンデスリーガのホッフェンハイム宇佐美貴史が、
ブンデスリーガでの初ゴールを決めた。アウェーの
フライブルク戦で移籍後初の先発出場を果たすと、
2-3と1点を追う後半31分に、左クロスから
右足同点弾を決めた。

しかしチームは宇佐美選手の同点弾もむなしく、その後
2失点を喫し3-5で敗れた。ホッフェンハイムは
開幕から3連敗で、勝ち点0で泥沼の最下位となっている。

1点を追いかける後半31分、宇佐美は自陣から走り込み、
ペナルティーエリア外のゴールほぼ正面でパスを受けると、
ワントラップでボールをコントロール。相手DFを背負い
ながら、くるりと反転すると、勢いにのったまま右足を
振り抜いた。ボールは、GKの手先をすり抜けてゴール
右隅に同点弾が決まった。

昨季のBミュンヘン時代、ドイツ杯で得点したことは
あったが、リーグ戦ではうれしい初ゴールとなった。

宇佐美選手は「ゴールに直結するプレーをイメージ
していて、その通りだった。ファーストタッチをうまく
することができた」とこのゴールを振り返った。

「馬力がついた。スピードで相手を抜けるから、応用が
きくし。トレーニングが効いているのかなと思う」と
シーズン前に取り組んできた走り込みが実を結んでいるようだ。

宇佐美選手は「失点が多すぎる。攻撃の起点になれるように
チームを引っ張ろうと思ったが、5失点ということは6点
取らないと勝てないので難しい。次はホームなので、
勝たないといけない」と失点の多さを嘆いた。


(参照元:nikkansports)

香川真司 マンU ゴール [ヨーロッパサッカー]

<香川真司 マンU ゴール>
香川真司選手のマンUでのデビュー戦ゴールなるか!?
サッカーのイングランド・プレミアリーグ、
マンチェスター・Uの香川真司選手が今日エヴァートン戦で
先発デビューが濃厚となった。

イギリス紙ではファンペルシーがトップそしてトップ下に
ルーニー、左サイドに香川選手との予想がされている。

プレシーズンマッチでの香川選手の2ゴールで評価も知名度も
上がりつつあり、開幕戦でゴールでも決めればファンや監督の心を
がっちり掴めるに違いない。

ドイツのドルトムントで見せた香川選手らしいプレーをすれば
おのずと結果はついてくると思う。ゴール&アシストにぜひ絡んで
勝利し、香川の名をイングランドに知らしめて欲しい。

そして鮮烈なデビューを飾れば一気にスタメン定着へアピールと
なる。第1節 エヴァートンVSマンチェスター・ユナイテッドは
いよいよ8月20日(月)深3:54からだ。



関連記事

香川選手がイニエスタからユニフォーム交換を求められた
http://trend-information-8.blog.so-net.ne.jp/2012-08-13

香川真司オフィシャルブログ
http://www.kagawashinji.com/

ファンペルシー 移籍 [ヨーロッパサッカー]

<ファンペルシー 移籍>
サッカーのイングランド・プレミアリーグで香川真司選手の
所属するマンチェスター・Uにアーセナルのオランダ代表
FWのロビン・ファンペルシー選手が移籍する事が決まった。

移籍金は両クラブとも明らかにしていないらしいですが、
200万ポンド(約25億円)と報じられているようですね。
あとは身体検査などを経て正式に契約のようです。

ファンペルシーは昨季、同リーグで30ゴールを挙げて
得点王となり、選手会、記者会の最優秀選手に選出。

ファンペルシーは欧州選手権終了直後の7月に突然
「クラブの方針と合わない」と移籍を希望していて、
マンチェスター・Cやイタリアのユベントスなどが
獲得に名乗りを上げていた。

この移籍で香川真司選手のスタメンがどうなるのか
気になるところですね。最近のプレシーズンマッチを
見ていると、とても香川選手がフィットしていたように
見えたのですが、ファンペルシーが入るとなると香川選手が
控えとなってもおかしくない状況。

ただそれでも少ない出場機会の中で結果を残して、
ファーガソン監督にアピールし香川がいなけりゃダメだと
思わせて欲しいです。そのポテンシャルは十分持っている
のですから、ぜひ頑張ってスタメンを勝ち取ってほしいですね。


(参照元:jiji.com)
ヨーロッパサッカー ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。