So-net無料ブログ作成
検索選択

乾貴士 ゴール [ヨーロッパサッカー]

スポンサーリンク



<乾貴士 ゴール>
ドイツ1部ブンデスリーガの第4節で、清武弘嗣の所属する
ニュルンベルクVS乾貴士の所属するフランクフルト
試合が行われ、乾貴士が2戦連発弾をゴールに決め、
2-1でフランクフルトが勝利。

第3節までニュルンベルクは2勝1分、フランクフルトは
3連勝とどちらも好調だった為、注目の試合になった。
これでフランクフルトは開幕4連勝となり、昇格チームが
開幕4連勝するのはドイツ史上初なのだとか。

前節でここまでのチームの全得点に何らかの形で関わる
という活躍ぶりにより、キッカー誌のMVPに選ばれた
清武選手。そして前節は技ありトラップからのシュート
高い技術を見せつけた乾選手。ともに好調同士の対戦だった。

ニュルンベルクは流れの中からのチャンスは少なく、最終的
にセットプレイが重要になっていた。精度が抜群に高い
セットプレイでここまでたびたび得点になっている。乾も
「キヨのセットプレイのボールが良くて、今日は本当に
それが怖かった」とその威力を認めた。

ほとんどのセットプレイでキッカーを務める清武には大きな
声援が送られ、他の試合では経験したことのないような
期待感がスタジアムに満ちる。実際、0-2で迎えた76分
の得点は清武のFKから。途中交代で入った長身選手が頭で
合わせる、狙い通りの得点だった。

今季初黒星に、「負けて悔しい。でもこれが自分たちの現状
だと思う」と、清武選手は語った。セットプレイの威力は十分、
今後はセットプレイ以外で味方を動かし得点に絡む決定的な
仕事が求められそうだ。


(参照元:sportiva)



スポンサーリンク

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。