So-net無料ブログ作成

香川真司 マンU CL [ヨーロッパサッカー]

スポンサーリンク



<香川真司 マンU CL>
CLのH組でマンUの日本代表MF香川真司選手がガラタサライ
(トルコ)戦で決勝点をアシストし、チームを1-0の勝利に導いた。
英紙は「新次元のプレー」と絶賛だったようです。

試合はマンチェスター・ユナイテッドがすばらしい立ち上がり
を見せ、ボールを奪うと、勢いと厚みを持って相手ゴールに
たたみかける攻撃を展開した。

「ホームでいい入り(ができた)。2、3点はとれた。1点を
とって試合が運びやすかった。前への意識が強くてスピードも
あった。その時間帯はよかった」と香川選手

前半7分の早い時間帯にその時は訪れた。攻め上がってきた
MFキャリックのパスを巧みにトラップし、右足で柔らかく
ゴール前にリターン。キャリックがフリーで抜け出してGKを
かわして決めた。

「いい形で試合に入れて1点を取り、試合が運びやすくなった。
うまくボールを取ってからゴールまでいいスピードでいけた」と
香川選手は自信のプレーを自賛した。

「キープしてもっと落ち着かせるべきところがあったかも」
「決められなかったりシュートまで持ち込めなかったりした」
と悔しい場面もあった事を語っている。

地元紙デーリー・テレグラフは「香川は新次元のプレーをマンUに
提供している。決して極東の販売戦略や宣伝のために獲得された
選手ではない。クラブの将来を担うために加入している。きょうの
アシストも完璧で重みのあるリターンパスだった」とこの試合の
プレーをそして香川選手自身を評価している。

マンUはホームで貴重な勝ち点3を獲得。ホームでは決して負けは
許されない大事な試合だっただけに、香川にとってもチームにとっても
最高の結果となったのではないでしょうか。

ただCLはアウェーでいかに勝ち点をもぎ取れるかが勝負。ここからが
本当に厳しい戦いが始まると思います。マンUの香川がCLという大舞台
で大暴れして世界にその名を刻んでほしいですね。今後の試合もとても
楽しみです。


(参照元:Yahoo! JAPANニュース)


スポンサーリンク

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。